カテゴリー別アーカイブ: 未分類

体内での水分の働き

人間の体には水は必ず必要であり、体内では様々な働きをしてくれています。人間の体内の体温調節をするのも、体内の水の役割です。人間の平熱は36度から37度が平均的です。そしてこの体温が、たった2度程上昇しただけでも、いつもとは違う体調不良を起こします。それが深刻なものになれば、最悪のケースでは死に至ることさえあります。ですから体温調節は、人間の生命維持にとっても重要な機能と言えます。

体内における水分の役割は、体温調整を日々行う上でも、重要なポジションで活躍を行っています。人間は自然に汗をかきますが、この発汗というシステムも体の温度を一定に維持するために、必要に応じて起こす体内システムです。蒸発をする際に熱を奪うのが水ですから、発汗の際にはこの仕組みが使われています。皮膚より発汗があり、水の蒸発で熱が奪われて、素肌の表面における温度は下がることになります。運動をしたあとや、夏場の気温上昇時に発刊があるのは、こうした仕組みがあって、過剰な体温上昇を防いでいます。

人間の体というのは呼気より400ミリリットルほど、そして皮膚よりは600ミリリットルの蒸気によって、体内の水を自然に排泄しています。他社機能の性質により、発生した不要な熱をそのままにはしないで、水の気化熱に変換させています。その状態で、体の外へ蒸気として出しています。体内の水分によって不要な熱を受け取ってから、体の外へと運び出してくれる役割も日々してくれているわけです。

体内において水分は、健やかな健康状態を維持するために必須の役割を持っています。体内が水不足に陥ることで、内側ではいろいろなトラブルが発生しやすくなります。水分が不足することによって、脱水症状は起こりますし、炎天下の下であれば熱中症を引き起こすことさえあります。過剰な水を飲む行為に走ることはありませんが、自然に喉が渇いたと感じた時には、既に体内では水分不足のシグナルです。

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違う所

まつげがボロボロになってしまったので、なんとかしたいと思っていませんか。こういう時に困るのが、まつげ美容液を使うべきかまつげ育毛剤を使うべきかと言うことです。これらは似たように感じてしまいますが、中身は本当に違うのかどうか気になりませんか。どう違うのかを調べることで、どちらを使うのかで悩まなくなるかもしれません。

どちらもまつげに良いことは確かですが、名前に育毛剤とついていることもあって、まつげ育毛剤は医療用として開発されています。また、クリニックなどで処方してもらう必要もあります。だから、あまり見たことがない人も多いかもしれません。まつげ育毛剤は、まつげの発毛を促したり、量を増やすことを目的として作られているのです。
miginanamegao
では、まつげ美容液はどうでしょうか。名前に美容液とついていることから、化粧品だということがわかるでしょう。こちらは、化粧品ですから化粧品売り場へ行くと見かけることができます。とても人気があることもあって、かなり種類も豊富になりました。まつげ育毛剤とは違い、まつげそのものを強くして、抜けないように予防するという意味合いがあります。今あるまつげをこれ以上減らさないようにするためにつける人もいますし、抜けることが多いと感じている人が抜けないように予防するために使うことが多いです。

すでに、まつげの本数がかなり少なくなっているのなら、クリニックへ行ってまつげ育毛剤を処方してもらったほうがいいでしょう。そこまでではないと判断したら、まつげ美容液を使うと良いのではないでしょうか。違いを知ることで、どちらが自分に必要なのかがよくわかります。

気になった人は、早めにまつげ美容液を使い始めると良いのかもしれません。つけまつげやマスカラなどでまつげにダメージを与えることが多いのならば、もうまつげ美容液を使い始めたほうが良いです。そうすれば、まつげが抜けにくく、ボロボロにならなくて済むでしょう。

馬油シャンプーの効果的な使用方法

馬油シャンプーとは、馬油の配合されたシャンプーになります。馬油は古くから肌荒れやあかぎれ、ひび割れなどの治療薬として使われてきており、肌を健康に保つ効果を期待できます。
人の皮脂に近い性質を持っているため、べたつきが少なくすぐレタ浸透力があり、抗酸化作用や殺菌作用を期待することができて炎症を抑えて熱を抑える効果や血液循環を促進するなどの効果があるとされています。
kamibyonn
これらの効果はシャンプーにも効果的です。馬油シャンプーは、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌などを防いで頭皮を健康な状態に保つことができるため、抜け毛や薄毛を予防することができ、浸透率が高いため髪の毛を育てる細胞にまで必要な栄養をしっかり届けて血液循環を良くする作用によって育毛効果が期待でき、保湿力が高いため乾燥によるフケやかゆみを予防して、油分によって髪のパサつきを抑えて潤いを保つなどの髪の健康を守るためには効果的なシャンプーです。

馬油シャンプーの効果的な使用方法としては、まずは毛先から順にブラッシングをしていきます。痛んだ地肌の角質やフケ、汚れやなどを取り除いて洗髪のときに泡立ちをよくします。お湯を頭にかけて、髪だけではなく頭皮までしっかり濡らしていきます。十分に頭皮まで水分が行き渡ったら馬油シャンプーを5〜6ヶ所に分けてつけ、指の腹で泡を立てて髪の生え際から頭頂部、側頭部、後頭部と地肌をマッサージするようにしっかり洗っていきます。髪が長い場合には、地肌の汚れやシャンプーの残りがキューティクルの間に入り込んでしまうため、頭皮を洗い終わったあとに髪だけを洗っていきますウ。ヘアワックスなどの整髪料をつけた場合は、三度ほど洗うとスッキリと洗い落とすことができます。

洗い終わったら、しっかりすすいでいきます。髪に残りやすいため、泡などの洗い残しが無いようにします。その後、弱酸性のヘアリンスなどで髪の調子を整え、タオルドライやドライヤーで乾かしていきます。

全身脱毛は何回すればよい?サロンでの回数

サロンでの全身脱毛は、何回くらい通えばいいのでしょうか。多くの女性が憧れるのは、部分脱毛よりも全身脱毛です。6回コースも用意しているサロンも多いですが、自己処理を不要とするには、6回コースでは足りません。サロンでの脱毛でムダ毛の減る量としては、6回の脱毛コースの場合、ムダ毛は約50%ほど処理が可能です。ムダ毛の毛量が薄くなる実感を感じるものの、自分でするカミソリやシェーバーなどでの、自己処理は必要になるくらいの毛量です。

全身脱毛も12回くらいになると、全体の毛量は約80%の量を脱毛できることになります。ここまでくると、ムダ毛は時々生えているのを見つけるレベルなので、ムダ毛の自己処理は月に数回程度で大丈夫です。18回くらい脱毛を重ねると、全体のムダ毛は95%ほどの毛量を脱毛できることになります。ここまでくると、自分でするカミソリなどでのムダ毛処理は、ほとんど必要はなくなってきます。全身脱毛をサロンでするなら、自己処理不要なら18回は必要ということです。

脱毛には個人差がありますから、18回のコースで脱毛をしても、ムダ毛が生えてくることはあります。全身脱毛も効果を実感するレベルとしては、12回くらいはサロンでお手入れをする必要があります。全体的に毛量が少なくなればいいという人ならば、6回ほどのコースでもいいでしょう。サロンへ脱毛に通う人の多くは、ムダ毛の自己処理より解放されたい割合が多いです。そう考えると、サロン脱毛は12回は通って施術を受けたほうがいいということになります。

サロンでの施術が、12回とか18回など回数が多いのには理由があります。ムダ毛の脱毛は、毛のサイクルの成長期に行います。でもその時には、ムダ毛は全体の3割程度しか出てはいません。ですから1回あたりに脱毛処理ができるのは、毎回その3割くらいなのです。ですから数ヶ月ごとに、繰り返し脱毛のお手入れをする必要があるわけです。

横浜の女性へ・・・横浜市内の脱毛サロン選び

ミネラルファンデはつけたまま寝ても良い?

ミネラルファンデもファンデーションですから、落とした方が良いです。つけたまま寝ても良いというわけではなく、普通のファンデーションに比べたら悪影響が少ないということです。
スッピンよりは、肌へのダメージがありますので、落とした方がよいです。

そもそも、1日過ごすと必ず汚れはついています。洗顔だけで楽に落とすことが出来るものですから面倒がらずに落としましょう。影響が少なくても、そのままにすれば汚れや皮脂が溜まり、ニキビの原因になりますし、ほかのトラブルも招きます。緊急時はともかく、普段は落とすのが基本です。
kesyosiyo
100%ミネラル成分でできているミネラルファンデには、添加物が一切含まれていません。そのため、肌にやさしいです。しかも、ミネラルファンデには、紫外線から肌を守ってくれる働きもあります。日中の肌を外の刺激から守ってくれるので、塗る方が肌によいといえます。

しかし、役割を終えたら落とすことが必要です。ミネラルファンデにあった落し方をしましょう。ミネラルファンデだからといって、すべてが石けんのみで落とせるとは限りません。なかには、クレンジングが必要なものもあります。これは、製品による違いです。そのため、中身をチェックしてミネラルファンデ選びをすることは大切です。

また、アイシャドウなどポイントメイクも大切で、こちらも落し方の確認がいります。ファンデが石けんのみで落とせても、ポイントメイクが石けんのみで落とせないとクレンジングはいるからです。
メイクはファンデだけではないので、ポイントメイクも含めてきちんと落とすことが必要です。

クレンジングが必要なミネラルファンデで、ポイントメイクもそのままに寝てしまっては大変なことになりますので、使用したものにあわせてきちんと落とすようにしましょう。
つけたまま寝ても良いというものでも、落として寝たほうが肌に良く、美容のためによいので、落とせるときには落として寝ましょう。

菌活にオススメな季節とその理由

菌活は夏場に行うことが最適なのは、高温多湿の気候が顕著になり、有用菌のコウジカビにとっても快適な環境になるためです。蒸し暑い気候のために、昔は食材を保存することは大変だったのですが、コウジカビのおかげで味噌や醤油などを作る知恵が生まれました。

夏の暑さは多くの人々の体力を奪いますが、高齢者や虚弱体質な人にとっては、命に関わる深刻な問題です。そのため、江戸時代には夏に甘酒を飲む習慣が生まれ、スタミナ飲料として親しまれていました。現代の菌活においても、飲む点滴と呼ばれる甘酒を飲めば、夏バテによる疲労感も解消できます。
topnitukaeru
冬の寒い時期には乳酸菌の活動は鈍いために、ぬか漬けを上手に作ることが難しくなりますが、夏の時期には短時間で醸された風味になります。夏に菌活をする場合には、豊富な種類の夏野菜を活用して、毎日のようにぬか漬けを食べることができます。夏の時期には、ぬか床の中では乳酸菌や酵母が猛烈な勢いで増殖しますから、特に手間をかけなくても漬物を作れることになります。

夏の時期に菌活をしたほうが良い理由には、減退する基礎代謝を底上げする目的もあります。発汗も鈍くなる場合には、余計な水分も溜め込むようになり、新陳代謝も減退してしまいます。そのために、夏には酸味が豊富な乳酸発酵食品を食べて菌活すれば、大量の酵素が行き渡り、エネルギー代謝が活発に働きます。漬物を食べる場合には、食物繊維も同時に摂取できますから、便秘を解消するためにも有効です。

夏の暑さは温暖化の影響でさらに厳しくなるため、菌活の必要性も増しています。暑さに対処するために、梅干しや味噌を活用することは、古来より行われてきた知恵です。伝統の発酵食品があれば、過酷な暑さを恐れる必要がなくなり、体力にも自信が持てるようになります。

人々が暑さで困っている夏場は、菌活の恩恵によって乗り切ることが重要です。菌活は年間を通じて行うべきですが、夏場は特に環境が充実し、ぬか床の仕込みに適した季節としても貴重です。

どんな年代の女性にホットヨガは人気?

ホットヨガといえば、若い人に人気があるというイメージを持つ人も多いでしょう。

確かに、美肌やダイエット、デトックス等を意識する20代から30代の女性に高い人気を集めていますが、様々な年代の人が参加しています。
幅広い年代の人に人気となっている理由は、常温のヨガよりも、手軽に行いやすい上に、高い効果を実感出来る為です。
yogahu4_s
ホットヨガを行う為には、高温多湿の空間が必要になる為、通常のヨガのように、自宅で手軽にレッスンを行い、その効果を実感するという事は出来ません。
専用のスタジオに行き、レッスンをしていく必要はありますが、高温多湿の空間というのは、常温の空間に比べて、体が柔らかくなりやすいというメリットがあります。

ですから、常温では体が硬い事が原因で、難しいと感じてしまうヨガのポーズであっても、高温多湿の空間であれば、より近いポーズをとりやすい状態となります。
それにより、体が硬い人であっても、しっかりとヨガの効果を実感しやすい状態となります。

参考:ホットヨガは初心者でもレッスンについていける?体が硬いとはずかしい思いをする?

更に、高温多湿の空間でヨガを行えば、それだけで、大量の汗をかく事になります。
体内の毒素や老廃物の一部は、汗によって体外に排出されていく事になります。

ホットヨガを行えば、その空間にいるだけでも、大量の汗をかきやすい状態となる為、しっかりとしたデトックス効果を期待できます。
更に、ヨガの効果によって、インナーマッスルを鍛えていく事も出来ます。

人の体というのは、年代が上がれば、それだけ代謝が落ちていく為、若いころと同じ食事でも太ってしまう、同じ運動量でも上手く痩せる事が出来ないという状態になっていきます。
ですが、インナーマッスルを鍛え、代謝を上げる事で、若い頃のように、有酸素運動を行えば、体の脂肪を燃焼させやすい状態を作っていく事が出来ます。

ですから、健康に綺麗に痩せたい人にもホットヨガは人気となっています。
ホットヨガは若い人が行うというイメージを持つ人も少なくありませんが、あらゆる年代の人に人気となっています。

家庭用キャビテーションは効果ある?

キャビテーションとは、空洞現象という意味があります。近年では痩身美容機器のことを指し、エステサロンや美容クリニックで人気となっている痩身方法です。
yaseta6_s
キャビテーションは、超音波を照射することによって痩せることができます。仕組みとしては、脂肪に効果的な周波数を照射し、脂肪細胞の中に気泡を生み出します。気泡が脂肪細胞の中で高圧となって膨張し、破裂させることで脂肪細胞を壊していきます。脂肪細胞が壊れることで溶液となって乳化します。乳化した脂肪溶液はリンパ液や血液と一緒に肝臓へと運ばれ、尿として体外に排出される、またはエネルギーとして燃焼されるようになります。
キャビテーションは基本的にはエステサロンや美容クリニックで行なわれていますが、最近では家庭用のものも販売されています。

家庭用でも上手く使えば十分に効果があるとして人気となっています。さまざまなメーカーから販売されており、機種によって使用時間は異なります。効果を発揮させるためにはその製品に付いている説明書をしっかりと読み、機種に合った使用をしていくことが一番効果的です。

一般的に家庭用キャビテーションは1回あたり15分から20分の照射が適度な使用時間だとされています。効果の高いダイエット方法ですが、やり過ぎると肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるため説明書通りに使用することが大切です。また、絶対に時間に従わなければならないというわけではなく、体に異変を感じたらすぐに施術を中止することも重要です。

より効果を上げるためには、行なった後にエステサロンと同じようにリンパマッサージしていくことでエステサロンで施術を行なった時と同じ効果を得ることができるようになります。
家庭用ですので、予約などの手間がなく、自分で施術できるため空き時間などで行なうことができます。
しかし、自分で行なわなくてはならないというデメリットがあるため、継続する意志が必要です。

プライベートジムの筋トレ方法について

きれいに引き締まったプロポーションを作りたい、また燃焼しやすく痩せやすい体を作りたいという人に、広く利用されているのがプライベートジムです。このように人気が高いプライベートジムですが、それを利用することには幾つかのメリットがあると言われています。
zimuon3_s
マンツーマンでの指導を受けることができるとともに、徹底した食事管理や、一人一人に合った筋トレの指導を受けることができます。もちろん、一人一人の体質や体力、生活習慣などは全く異なるものです。たとえば、何年間も事務の仕事を行なっておりほとんど運動経験のない人と、毎日のように運動している人では、必要な筋トレ方法は異なることでしょう。プライベートジムでは、その人に最も合った筋トレ方法が採用されることになります。その結果、より高い効果がもたらされると言えるでしょう。

一言でプライベートジムと言っても、ジムによってトレーニングの時間にも違いがあります。トレーニングの内容にも大きな違いがあることでしょう。たとえば、筋トレのみを行なうジムもあれば、筋トレと有酸素運動を組み合わせて行なうジムもあります。筋トレ方法も実にさまざまです。たとえば、スクワットで足や臀部を引き締めたり、腹筋運動によってお腹を引き締めると同時に腹筋を強めたりします。

特に、このスクワットには、筋肉量を増やして基礎代謝を上げるという効果も期待できます。さらには、ダンベルで腕の筋肉を鍛えたり、ペンチプレスで胸を引き締めたりすることができます。このように、プライベートジムでは、部位ごとにピンポイントでのトレーニングを受けることができます。

ジムによっては、このような部位がさらに細かく分類されている所もあります。そして、これらの筋トレには、姿勢などにも細かい規定があり、より良い効果を上げられるようメニューが準備されています。加えて、これらのメニューをこなしていくうえで、個別のトレーナーがついてより良いサポートをしてくれるのです。