月別アーカイブ: 2016年2月

体内での水分の働き

人間の体には水は必ず必要であり、体内では様々な働きをしてくれています。人間の体内の体温調節をするのも、体内の水の役割です。人間の平熱は36度から37度が平均的です。そしてこの体温が、たった2度程上昇しただけでも、いつもとは違う体調不良を起こします。それが深刻なものになれば、最悪のケースでは死に至ることさえあります。ですから体温調節は、人間の生命維持にとっても重要な機能と言えます。

体内における水分の役割は、体温調整を日々行う上でも、重要なポジションで活躍を行っています。人間は自然に汗をかきますが、この発汗というシステムも体の温度を一定に維持するために、必要に応じて起こす体内システムです。蒸発をする際に熱を奪うのが水ですから、発汗の際にはこの仕組みが使われています。皮膚より発汗があり、水の蒸発で熱が奪われて、素肌の表面における温度は下がることになります。運動をしたあとや、夏場の気温上昇時に発刊があるのは、こうした仕組みがあって、過剰な体温上昇を防いでいます。

人間の体というのは呼気より400ミリリットルほど、そして皮膚よりは600ミリリットルの蒸気によって、体内の水を自然に排泄しています。他社機能の性質により、発生した不要な熱をそのままにはしないで、水の気化熱に変換させています。その状態で、体の外へ蒸気として出しています。体内の水分によって不要な熱を受け取ってから、体の外へと運び出してくれる役割も日々してくれているわけです。

体内において水分は、健やかな健康状態を維持するために必須の役割を持っています。体内が水不足に陥ることで、内側ではいろいろなトラブルが発生しやすくなります。水分が不足することによって、脱水症状は起こりますし、炎天下の下であれば熱中症を引き起こすことさえあります。過剰な水を飲む行為に走ることはありませんが、自然に喉が渇いたと感じた時には、既に体内では水分不足のシグナルです。

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違う所

まつげがボロボロになってしまったので、なんとかしたいと思っていませんか。こういう時に困るのが、まつげ美容液を使うべきかまつげ育毛剤を使うべきかと言うことです。これらは似たように感じてしまいますが、中身は本当に違うのかどうか気になりませんか。どう違うのかを調べることで、どちらを使うのかで悩まなくなるかもしれません。

どちらもまつげに良いことは確かですが、名前に育毛剤とついていることもあって、まつげ育毛剤は医療用として開発されています。また、クリニックなどで処方してもらう必要もあります。だから、あまり見たことがない人も多いかもしれません。まつげ育毛剤は、まつげの発毛を促したり、量を増やすことを目的として作られているのです。
miginanamegao
では、まつげ美容液はどうでしょうか。名前に美容液とついていることから、化粧品だということがわかるでしょう。こちらは、化粧品ですから化粧品売り場へ行くと見かけることができます。とても人気があることもあって、かなり種類も豊富になりました。まつげ育毛剤とは違い、まつげそのものを強くして、抜けないように予防するという意味合いがあります。今あるまつげをこれ以上減らさないようにするためにつける人もいますし、抜けることが多いと感じている人が抜けないように予防するために使うことが多いです。

すでに、まつげの本数がかなり少なくなっているのなら、クリニックへ行ってまつげ育毛剤を処方してもらったほうがいいでしょう。そこまでではないと判断したら、まつげ美容液を使うと良いのではないでしょうか。違いを知ることで、どちらが自分に必要なのかがよくわかります。

気になった人は、早めにまつげ美容液を使い始めると良いのかもしれません。つけまつげやマスカラなどでまつげにダメージを与えることが多いのならば、もうまつげ美容液を使い始めたほうが良いです。そうすれば、まつげが抜けにくく、ボロボロにならなくて済むでしょう。

馬油シャンプーの効果的な使用方法

馬油シャンプーとは、馬油の配合されたシャンプーになります。馬油は古くから肌荒れやあかぎれ、ひび割れなどの治療薬として使われてきており、肌を健康に保つ効果を期待できます。
人の皮脂に近い性質を持っているため、べたつきが少なくすぐレタ浸透力があり、抗酸化作用や殺菌作用を期待することができて炎症を抑えて熱を抑える効果や血液循環を促進するなどの効果があるとされています。
kamibyonn
これらの効果はシャンプーにも効果的です。馬油シャンプーは、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌などを防いで頭皮を健康な状態に保つことができるため、抜け毛や薄毛を予防することができ、浸透率が高いため髪の毛を育てる細胞にまで必要な栄養をしっかり届けて血液循環を良くする作用によって育毛効果が期待でき、保湿力が高いため乾燥によるフケやかゆみを予防して、油分によって髪のパサつきを抑えて潤いを保つなどの髪の健康を守るためには効果的なシャンプーです。

馬油シャンプーの効果的な使用方法としては、まずは毛先から順にブラッシングをしていきます。痛んだ地肌の角質やフケ、汚れやなどを取り除いて洗髪のときに泡立ちをよくします。お湯を頭にかけて、髪だけではなく頭皮までしっかり濡らしていきます。十分に頭皮まで水分が行き渡ったら馬油シャンプーを5〜6ヶ所に分けてつけ、指の腹で泡を立てて髪の生え際から頭頂部、側頭部、後頭部と地肌をマッサージするようにしっかり洗っていきます。髪が長い場合には、地肌の汚れやシャンプーの残りがキューティクルの間に入り込んでしまうため、頭皮を洗い終わったあとに髪だけを洗っていきますウ。ヘアワックスなどの整髪料をつけた場合は、三度ほど洗うとスッキリと洗い落とすことができます。

洗い終わったら、しっかりすすいでいきます。髪に残りやすいため、泡などの洗い残しが無いようにします。その後、弱酸性のヘアリンスなどで髪の調子を整え、タオルドライやドライヤーで乾かしていきます。