菌活にオススメな季節とその理由

菌活は夏場に行うことが最適なのは、高温多湿の気候が顕著になり、有用菌のコウジカビにとっても快適な環境になるためです。蒸し暑い気候のために、昔は食材を保存することは大変だったのですが、コウジカビのおかげで味噌や醤油などを作る知恵が生まれました。

夏の暑さは多くの人々の体力を奪いますが、高齢者や虚弱体質な人にとっては、命に関わる深刻な問題です。そのため、江戸時代には夏に甘酒を飲む習慣が生まれ、スタミナ飲料として親しまれていました。現代の菌活においても、飲む点滴と呼ばれる甘酒を飲めば、夏バテによる疲労感も解消できます。
topnitukaeru
冬の寒い時期には乳酸菌の活動は鈍いために、ぬか漬けを上手に作ることが難しくなりますが、夏の時期には短時間で醸された風味になります。夏に菌活をする場合には、豊富な種類の夏野菜を活用して、毎日のようにぬか漬けを食べることができます。夏の時期には、ぬか床の中では乳酸菌や酵母が猛烈な勢いで増殖しますから、特に手間をかけなくても漬物を作れることになります。

夏の時期に菌活をしたほうが良い理由には、減退する基礎代謝を底上げする目的もあります。発汗も鈍くなる場合には、余計な水分も溜め込むようになり、新陳代謝も減退してしまいます。そのために、夏には酸味が豊富な乳酸発酵食品を食べて菌活すれば、大量の酵素が行き渡り、エネルギー代謝が活発に働きます。漬物を食べる場合には、食物繊維も同時に摂取できますから、便秘を解消するためにも有効です。

夏の暑さは温暖化の影響でさらに厳しくなるため、菌活の必要性も増しています。暑さに対処するために、梅干しや味噌を活用することは、古来より行われてきた知恵です。伝統の発酵食品があれば、過酷な暑さを恐れる必要がなくなり、体力にも自信が持てるようになります。

人々が暑さで困っている夏場は、菌活の恩恵によって乗り切ることが重要です。菌活は年間を通じて行うべきですが、夏場は特に環境が充実し、ぬか床の仕込みに適した季節としても貴重です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>