体内での水分の働き

人間の体には水は必ず必要であり、体内では様々な働きをしてくれています。人間の体内の体温調節をするのも、体内の水の役割です。人間の平熱は36度から37度が平均的です。そしてこの体温が、たった2度程上昇しただけでも、いつもとは違う体調不良を起こします。それが深刻なものになれば、最悪のケースでは死に至ることさえあります。ですから体温調節は、人間の生命維持にとっても重要な機能と言えます。

体内における水分の役割は、体温調整を日々行う上でも、重要なポジションで活躍を行っています。人間は自然に汗をかきますが、この発汗というシステムも体の温度を一定に維持するために、必要に応じて起こす体内システムです。蒸発をする際に熱を奪うのが水ですから、発汗の際にはこの仕組みが使われています。皮膚より発汗があり、水の蒸発で熱が奪われて、素肌の表面における温度は下がることになります。運動をしたあとや、夏場の気温上昇時に発刊があるのは、こうした仕組みがあって、過剰な体温上昇を防いでいます。

人間の体というのは呼気より400ミリリットルほど、そして皮膚よりは600ミリリットルの蒸気によって、体内の水を自然に排泄しています。他社機能の性質により、発生した不要な熱をそのままにはしないで、水の気化熱に変換させています。その状態で、体の外へ蒸気として出しています。体内の水分によって不要な熱を受け取ってから、体の外へと運び出してくれる役割も日々してくれているわけです。

体内において水分は、健やかな健康状態を維持するために必須の役割を持っています。体内が水不足に陥ることで、内側ではいろいろなトラブルが発生しやすくなります。水分が不足することによって、脱水症状は起こりますし、炎天下の下であれば熱中症を引き起こすことさえあります。過剰な水を飲む行為に走ることはありませんが、自然に喉が渇いたと感じた時には、既に体内では水分不足のシグナルです。

体内での水素水の働き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>